合同供養祭や充実した設備で安心して預けられます。

火葬の種類やペット霊園について

霊園の特徴を知る~合同供養~

合同供養塔の利用規約

合同供養塔は施設ごとに決められた時間帯ならいつでも自由にお参りすることができます。時間外でのお参りも可能なこともありますが、火物は使えないので注意しましょう。規定の時間内ならお線香やロウソクは自由に使えて、生花や造花、お供物などをお供えすることができます。ですが、共同墓地となるため、個人的な写真や飾りなどを自由に飾るのは控えましょう。合同供養塔の場合、必ず利用規約があるのでそれに沿って利用することが重要になります。

充実した霊園の環境設備例

供養プレート
合同供養塔に眠るペットに思い出を残せるメモリアルプレートを作ることができます。大切なペットに届けたいメッセージなどが入れられます。
過去帳
供養塔に埋葬したペットや飼い主の名前を記帳し、供養します。お墓参りの際に見ることができます。
供養造花
お墓参りに供養造花をお供えすることができます。造花なので、綺麗な状態のままいつまでも飾れるようになっています。自由にメッセージを書き込むこともできます。

合同供養塔霊園を利用している人の声

きっと天国で沢山の友達と遊んでいると思います(30代/女性)

複数の霊園を比較しながら、最終的には納骨堂や火葬炉の設備を有する霊園に決めました。プランは最後の別れまで見届けられる立会個別葬式を選びました。遺骨は僧侶の読経による合同供養祭を行なってもらえるため、納骨堂に安置してもらっています。

合同供養塔には多くの人がいらっしゃいました(30代/女性)

かわいがっていたペットが亡くなったのでペット葬儀会社に依頼して供養してもらいました。個別のお葬式をしようと思っていたのですが、合同供養にしました。費用を抑えることができて、ペットが好きだったおもちゃをたくさん棺に入れられたので良かったです。

毎年市営の合同供養塔に出向いています(40代/女性)

ペット葬儀は小さな祭壇がある場所で行ないました。簡単なセレモニーの後に火葬し、その後は合同供養塔に入れてもらうことになりました。一定期間はお参りに行くことができるので、毎年欠かさず出向くようにしています。

TOPボタン