個別墓地と納骨堂の違いを把握しましょう。

火葬の種類やペット霊園について

個別墓地について

動物のお墓

ペット葬儀を行なう際にお墓に埋葬するか、納骨堂に入れてもらうかで迷う人は多いでしょう。ここでは個別墓地について説明していきます。

個別墓地の在り方とは

個別墓地の場合、ペット単体で火葬を行なえるので他のペットの遺骨が混じることはありません。お骨上げができるのでより本格的なペット葬儀を行なうことができます。しかし個別墓地は納骨堂に比べて費用が高く、定期的な維持費も必要になります。維持費の他にも墓石の価格や敷地料金などがかかるため、割高になってしまう傾向があります。

霊園に関する一言メモ

費用の負担の少ない供養なら納骨堂がおすすめです(愛犬家)

お墓の場合は墓石だけでも数百万かかってしまいますが、納骨堂は50万前後が平均価格となります。個別墓地とは違って屋内に設置されているので掃除や草抜きといったメンテナンスをする必要はありません。設備が整っている霊園だと年中お墓参りをすることができます。利便性が良い場所に建てられていることが多いので通いやすいでしょう。また、希望に合わせて火葬後に一時的に骨壺を持ち帰ることもできます。費用を抑えつつ、大切なペットをしっかりと供養したい人は納骨堂の利用をおすすめします。

納骨堂に関するQ&A

納骨堂について詳しく知りたい人もいるでしょう。ここでしっかりと確認することで安心して利用できます。

よく聞かれる質問


納骨堂では私物を飾ることは可能ですか?
可能です。写真立てやペットが好きだったものなどをお供えする人は多いです。ですが、ペット霊園によっては生花やキャンドルなどの火物を置くことができない場合もあるので確認してください。ペット霊園の決まりに従ってかわいらしく祀ってあげましょう。
慰霊祭や法要などは開催されていますか?
ペット霊園によっては毎月定例合同法要、年に1~2度の合同動物慰霊祭などが開催されることがあります。お盆やお彼岸の季節に合わせて合同法要が行なわれることもあります。ペット霊園によって日程や慰霊祭の内容などは異なるので確認してみましょう。
TOPボタン